手順違反が見つかった時の対処法

審査のつぶやき写真


現場審査で「手順とは違う作業」が見つかることがありますが、その作業を
していた人の反応は大きく2種類に分けられます。1つは「あっ!やって
しまった/見つかってしまった」と心の声が聞こえてきそうな反応で、手順
とは違う(良くない)ことを理解している様子です。

もう1つの反応は「えっ!間違っている?/えっ!ダメなの?」と同じく
心の声が聞こえてきそうな驚きを伴った反応です。

いずれの場合も“空気”を読んで沈黙して同行者に助けを求めますので、
憶測ではありますが、反応として感じるのです。

多くは後者の「悪いとは認識していない」と思われるケースです(前者の
多くは審査なので“隠れて”いるのかも知れませんが)。後者の場面から
感じるのは、きっと他の方も同じ、或いは多数いるのではないか、という
ことです。「手順違反や理解不足」を、衆目の中で続けることは容易では
ないと思うからです。

ですが、該当する事象を1件しか発見できなかった場合には、審査員として
の少し対応は難しいのです。管理者の多くは、審査で見つかった作業者に
限定的された事象であるというスタンスで、時にはその場で作業者を叱責
することもあります。審査は客観的な証拠に基づくため、憶測は御法度です。

私も企業で製造管理者を務めている時には、「限定的だと思いたい」心情
でした。ですが、今改めて客観的な立場で多くの事例に接すると、『殆どの
人に悪意(大袈裟ですが)はなく、周囲の雰囲気や上司の曖昧な運用(ルール
だと言うが、忙しい時には例外だと安易にルール違反を認める等)により、
少しずつ“運用が変化”している』可能性が大きいと感じます。個人に焦点を
当てずに、指示する側される側を含めた全体の構図と運用状態に目を向ける
べきです。

製造管理者の当時、理不尽に個人を責めてしまったことへの反省を込めた
つぶやきです。