審査日数が変化する可能性

審査のつぶやき写真


既に審査機関から連絡があると思いますが、ISO9001等の認証基準をする
ための国際基準に大きな変化がありました。その基準とは、本社以外に
支社・工場・営業所等を持つ複数サイト(活動場所)を持つ会社の審査
日数を決めるためのものです。

会社によっては、審査するサイトの数が増え、結果として全体の審査日数
が増える場合があります。詳細な説明は各審査機関からの説明が一番正確
なためここでは触れませんが、何れにしても複数のサイトを持つ会社に
とっては、本社以外サイトのISO運用と審査について考える機会になると
考えています。

多くのサイトを持つ大企業であってもISO運用は本社任せで、自主的な運用
が出来ていないと感じることもありますし、自サイトで運用しやすいように、
効果が出やすいように自主的な運用ができている場合もあります。

残念ながら私の経験では前者の比率が多いのですが、上述の通り、止むを
得ず審査するサイトや工数が増えてしまう場合には、その状況を改善する
機会にもなると考えます。もちろん後者の場合であっても更なる運用レベル
向上を目指すことも可能性です。

審査機関の窓口になっておられる方は、審査日数が変化する場合の理由に
対する説明を十分に受け、納得した上で社内への伝え方やISO運用方針を
検討し、是非とも変化を「活用」していただきたいと思います。


参考:複数サイトの組織が運用するマネジメントシステムの審査及び認証
   のためのIAF基準文書