コラム2015/02/24 現場への説明はどうしたらよいのか?

以前、私が駆け出しのコンサルタントだったとき、
ある現場の責任者からこんなことをいわれました。

 

 

 

「規格の要求事項の番号がどうだとか、
それがいくつあるとか、字句の解釈がこうだ、
という話は必要ない。現場で何をすべきなのか、
それさえいってくれればよい」
ということをいわれたことがありました。

話す側においては、
自分が必死になって覚えたこと、
苦労して調べたということは、
相手に関心があろうとなかろうと、
どうしても相手に披露したいという
気持ちになります。

しかしながら、自分が話す場において、
存在する目的は、
「相手が理解して、行動してもらうこと」です。

コンサルタントは、
相手の役に立つことですから、
自戒を込めていうと、
自分の都合を優先したりすること、
自分を正当化することに努めること、
これらのことは慎まなければいけません。

今回のISO規格の改正においても、
現場目線を忘れずに、行う目的を意識して、
伝えていくことが必要だと感じます。


追伸:
ISO27001:2013改正対応における、
現場用の教育資料を無料で進呈中です。

規格要求事項や附属書Aの増減に触れずに、
「現場の人間にとって何が変わったのか」
に的を絞って記しています。

ご希望の場合は、
「お問合せフォーム」のご要望欄に、
「ISO27001:2013改正対応における
現場用の教育資料」希望と明記ください。